お得に通院保障をつける方法

がんや怪我に特化したプランを選ぶ

特定の内容に特化したプランの中には、掛金は低いままで通院保障がついているものがあります。

たとえば、がんは長期的な通院が必要であるため、多くのがん保険ではデフォルトで通院保障がついていることが多いようです。
また、がんは医療の進歩によって通院治療で対応できるケースが増えていることから、入院なしのがん治療や日帰り入院の後でも通院保障を受けられる商品も増えています。
がんに備えたい場合、色々な病気を複合的に保障する保険でなく、がんに特化した保険を選択するのも手です。

同じように、怪我に特化した医療保険の場合も、手厚い通院保障がついていることがあります。
身体を使う仕事をされている方は、怪我に対する医療保険を検討してみてはいかがでしょうか。

保障の条件と掛金をよく見比べる

同じような医療保険でも、保険会社や商品によって条件が大きく異なる場合があります。
すでに加入している保険の会社で統一するのも手間がかからなくて楽かもしれませんが、より安く、より手厚い医療保険を受けられる保管会社を選択することで、月々の掛金を抑えることができます。

たとえば、月々の掛金は同じくらいなのに、通院給付金の金額が違うケースがよくあるようです。
同じくらいの掛金ならまだしも、掛金が安いほうが通院給付金が高い場合もあります。

また、あなどれないのが通院期間の長さです。
がんなど、入院前に何度も通院しなければならない病気の場合、入院前までカバーしてくれる医療保険でないと通院保障が受けられません。
退院後の通院期間についても、4か月と半年では、給付金の総額に雲泥の差があります。