月々の掛金を上げてまで通院保障は必要?

金銭面での不安があるとき

通院保障はがついている保険は割高な場合がありますが、月々で考えると数百円から高くて数千円の差です。
月々の負担としてはべらぼうに高いわけではありませんが、保障を受ける機会が限られるため、躊躇する方が多いと思います。

通院保障は、少額の掛金は払えても、まとまった通院費を払えるかどうか不安な方にメリットのある保障です。
貯蓄や収入に不安がある方や、フリーランス・非正規雇用の方で、事故や病気のタイミングでまとまったお金がある確証がない場合、通院保障は心強い商品です。

また、会社の保険組合や、加入中の他の保険、クレジットカードの特約などで、怪我や病気に関する給付金が受け取れる場合がありますが、それらに加入していない場合にもおすすめです。

がんに備えたい場合

がんは、手術だけではなく、長期的な通院が必要になるケースが多い病気です。
現在では、放射線治療や投薬治療などをメインに行ない、入院をあまりせずにがんを治療するケースが多くなりました。
また、がん治療中は薬の副作用やがんの症状で働けないことが多く、長期の治療で収入が途絶えることも考えられます。
子供を預けなければいけない場合は、保育料も必要です。
同居中の家族も、看病をしながらだと今まで通り働けないかもしれません。

いつ、どこががんになるか分かりません。
がんに伴う治療費に備えたい方は、通院特約のついた保険がおすすめです。
親族にがんになった方がいる場合や、身体に不安があってがんに備えたい場合には、通院保障のある医療保険が適しています。